ぼの子マニア!

写真&イラスト、ときどきマンガ…美味しいゴハンが大好きなメタボ予備群夫婦デス♪
アナタのココロのヨリドコロ♪そして、ワタシの毎日を充実させるためのブログ~♪
<Copyright (C) 2003-最終更新日 ぼの子, All rights reserved.>

【東京グルメ】ぼの子のページ→http://gourmet.livedoor.com/user/bonoko/index.html

2005年11月

柿。

久々に実家に顔を出しました。
母が夜ゴハンの支度をしている間、私は手持ち無沙汰にテーブルにある柿をもそもそと剥き始めました。
母はちょうどノドが乾いていたらしくて、剥いているそばからひょいひょいと柿をつまんでいました。
「ヒマだから、まだ剥くよ♪」の言葉に、
「お父さん?柿?!」母が別部屋にいる父を呼びました。

父は柿が大好きなので、いそいそと食卓に着きました。
ところが剥いた柿をみて少しガッカリ。
悪ガキだった頃、故郷の福島で食べた柿が忘れられないでいた。
父「こういう細長い柿が美味しいんだよな?」
母「それって渋柿でしょ?」
父「それが熟したヤツでずずずって吸うのが美味しいんだよ?。」
母「そんなの東京じゃ?売ってないわよ?」
父「あるよ?!探せば売ってるよ?」
母「そんなの昭和の福島にしか売ってないわよ!!

また、無茶を言いなさる…。
柿の美味しい季節です♪

ノド風邪。

ようやく今日、病院へ行ってきました。
小さな町医者なのでちっとも混んでなくて、
マイペースな先生で、しかも余分な薬は出さないので大変気に入っている。

結局、ノド風邪でした。
よくウガイして、たくさんお茶を飲んで、よく寝るようにとの事。
「お茶でいいんですか?」
「いい。いい。」
「はい…(最近は、お茶でもいいんだ…)」
「ウガイ薬は家にある?」
「え…?あ…(どんな?)」
「イ●ジンでいいよ。イ●ジンで。」
「はい。(あったよな)」
「じゃあ、出さないね。」
「はい…(商売っ気ねぇ?!)」
「マスクね。それ一番いいよ。」
「はい…(あ!マスクしたまま話してた)」
先生もいつもマスクしたまま話す。
「ノド見るね。」
「はい…(あ!首にタオル巻いたまま来ちゃった)」
「乾燥してるとね、ノドが腫れるの。冬だからね。」
「はい…(冬だね?)」
「感染らないから。」
「はい…(良かった?)」
カリカリカリ……(カルテを書いている)
横から覗いたら
「(カルテを指し)これね。のど風邪って意味。○○ってノドね。」
「はぁ…(ドイツ語、聞き取れず)」
「よく来たね。今治さないと流感がくるからね。インフルエンザね。
 湿度が30%以下になると流感が流行るからね。」

「……(歓迎されてるのか?お世辞?)」
カリカリカリ……(カルテを書いている)
「あの…予防接種受けちゃダメですか?」
「ん?ダメ。今、ひとつの敵と戦ってるからね。敵をね、増やしちゃだめね。」
「あ、はい…(敵…?)」
カリカリカリ……(カルテを書いている)
「ノドとくしゃみと解熱ね。消炎ね。」
「はい…(あ、薬か)」
「これね。眠くなるから。ついでに寝ちゃって。」
「はい…」
「4日分だすから。」
「はい…(少なっ!)」
「じゃ、帰っていいから。」
「…ありがとうございました。」

薬は、奥さんと娘さんが出すんだけど、ウラで先生ともめてた。
「ウガイ薬あるって。家にあるって。いらない?っ!」
いや?小さな町医者だから薬で稼ぎたいだろうに
「悪いな?」と思いつつ、またお世話になっちゃうんだよね?♪

今日、初めて気がついた。
先生ってヅラだったんだ…。
最新コメント
投票にご参加ください♪
QRコード
QRコード
ご訪問者サマ♪
  • 累計:

ブックマーク
ポッチリボタン♪
人気blogランキングに参加中!

↑このボタンを押すと投票されます。
アナタにポッチリ 押していただくと、
ワタシのやる気が出ます♪(*´∀`*)
ポチ逃げも大歓迎!(笑)

登場人物紹介
ぼの子マニア登場人物紹介
過去記事
  • ライブドアブログ